引越しの梱包が苦手な方は計画的に進めよう

梱包作業が何かと大変です

引越しには作業スタッフが梱包や開梱までしてくれるサービスもありますが、ほとんどの人は自分で梱包をするケースを選ばれます。

 

料金的にも梱包ありのコースと比べて格安になるため、なんとか自分で梱包作業をしてみようと思われるのでしょう。

 

しかし、当日に引越し現場に到着して完璧と言えるほどの梱包をしている人は1〜2割に満たないかもしれません。

 

冷蔵庫は前日に電源を切らなければいけないのに、まだ中身もそのままだったり、押入れの中が全く手つかずなんてよくある話です。

 

しかし、一番大変なのは台所回りの特に食器棚でしょうか。

 

1つ1つ丁寧に梱包しないと破損にもつながるために、引越しスタッフが作業したとしても一番時間が掛かるのが、食器棚の梱包なんです。

 

反対にタンスの中身なんてのは引越し業者によっては、そのままでも運ぶことができる場合もあるので、終わらせられるか不安な人は普段使わない食器から梱包してみるようにしてみましょう。